ピックアップ

射精時間の延長効果に優れたダポキセチンは、射精を遅らせる早漏治療薬の主成分として使われており、治療薬は欧米諸国をはじめとした世界各国で幅広く利用されています。
そもそも射精はノルアドレナリンと呼ばれる脳内の神経伝達物質が増加することで起こります。
ストレスに反応するノルアドレナリンは性行為における緊張や不安によって増加する傾向にあり、交感神経系が興奮することで意図に反した射精を引き起こします。
これを早漏と呼びます。

ダポキセチンは、元々うつ病治療に使われてきたSSRIと呼ばれる抗うつ薬の一種ですが、うつ病治療を受けていた患者に射精が遅くなる効果が見られたことから早漏治療薬として開発されました。
射精時のノルアドレナリン増加は、脳内神経伝達物質セロトニンによって抑制できることが分かっており、セロトニンの働きを助けるダポキセチンを摂取することで射精遅延につながります。
稀に下痢や吐き気といった副作用が現れるものの、ダポキセチンは優れた有効性と安全性を兼ね揃えており、今後の早漏治療薬として注目されています。

ダポキセチンの効果とは

説明する医師

早漏の原因は様々ですが、射精の早さには脳内神経伝達物質のセロトニンが深く関係しており、セロトニンにはストレスに反応するノルアドレナリンを抑えて精神を安定させる作用があります。
そして、意図に反した射精である早漏の直接原因であるノルアドレナリンの増加を食い止めるには、セロトニンの分泌を促し、セロトニンの働きでノルアドレナリンを抑制するのが最も効果的です。

また、早漏原因の一つにセロトニン不足が挙げられます。
セロトニン不足の主な原因はノルアドレナリンと比較したセロトニンの脳内分泌量が少ないことにあり、セロトニンの分泌量増加を助けることが早漏改善につながります。
そもそも分泌量の少ないセロトニンがもともと分泌量の多いノルアドレナリンを抑制することは困難である上に、ノルアドレナリンはストレスに反応して増加することから、性行為や早漏に対する不安からノルアドレナリンの分泌量が増えた場合セロトニンの働きが追いつかなくなるのは当然です。
近年早漏に悩む男性が増えていますが、これは忙しい現代人の抱えるストレス増加に比例した社会現象ともいえるでしょう。

ダポキセチンはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と呼ばれる抗うつ薬の一種です。
SSRIは、セロトニンの分泌を促してノルアドレナリンを抑制する抗うつ薬の総称であり、効果の持続時間から超短時間作用型、短時間作用型、長時間作用型に分類されます。
これまでSSRIは抗うつ薬として主にうつ病治療に使われてきましたが、SSRIの一種であるダポキセチンに早漏改善への有効性が発見され、早漏治療薬として開発されました。

うつ病治療ではSSRIによって脳内で分泌されたセロトニンの再吸収を阻止することにより、精神安定作用のあるセロトニンの脳内濃度を高めます。
早漏治療も同様に、SSRIが脳内でセロトニンの再吸収を防ぎ、脳内のセロトニン濃度を高めることでノルアドレナリンを抑制して脳の興奮を緩和させます。
この作用はダポキセチンをはじめとしたSSRIに共通しています。
ダポキセチンが他のSSRIと異なるのは、ただ単にセロトニンの濃度を高めるだけでなく、性的興奮を引き起こす射精中枢に直接作用して性的興奮を抑え、射精の遅延に効果を発揮する点です。

従来の早漏治療はトレーニングや局所麻酔薬などで感度を抑制させる方法が一般的でした。
SSRIから発見されたダポキセチンは、はじめて早漏治療薬として開発された有効成分であり、世界初の早漏治療を目的とした服用薬です。

詳しい効果のメカニズム

実際的な効果は、体内に吸収されたダポキセチンがセロトニンに働きかけ、活性化したセロトニンがノルアドレナリンを抑制し脳内の過剰な興奮を抑えることで射精時間を長くするというものです。
つまり、性行為中のピストン運動時間が長くなり、結果的に射精を遅らせることができるわけです。
抗うつ薬を代表するSSRIダポキセチンは、早い射精の原因である緊張や不安を取り除くことに優れており、確実に素早く早漏に対処できます。

ある臨床試験では、男性2000人を対象に数ヶ月にわたってダポキセチンの投与を行い、性行為の度に一定量のダポキセチンを服用した結果、一回の摂取目安とされる30mgの投与で射精時間が約3~4倍延長されました。
また、一日の最大摂取量である60mgを投与した男性には4倍以上の射精時間延長効果が現れたそうです。
射精時間の遅延によって性行為での感度が変わることはありませんが、この臨床試験によれば射精時間の遅延効果のみならず、パートナーの満足度にも大きな向上が見られました。

短時間作用型のSSRIであるダポキセチンは、体内で吸収されやすく即効性があります。
一方で持続性はあまり期待できず、服用後1~3時間で最高血中濃度に達し、効果が約4~5時間持続した後、24時間後には体外へ排出されます。
早漏改善には性行為を行う度に服用する必要がありますが、下痢・吐き気といった軽度の副作用以外にデメリットはない上に、即効性と安全性に優れています。

正しい服用方法

ダポキセチンの正しい服用方法は次のとおりです。
短時間作用型SSRIのダポキセチンは持続性があまりないため、性行為を行う1~3時間前に服用する必要があります。
食前食後を問わずいつでも服用可能で効力はほとんど変わりませんが、人によっては空腹時の服用で稀に下痢や吐き気などの副作用が出ることがあるようです。
また、体内の水分量によって効果が弱まることもあるため、事前の十分な水分補給を行うとより効果的です。

ダポキセチンの一回の摂取目安は30mgで、一日の最大摂取量は60mgです。
最大摂取量を越えなければ複数回に分けて服用しても構いませんが、すぐに効果が出ないからといって摂取量を増やすと下痢や吐き気といった副作用のリスクを高めます。
初めて服用する際には少量からはじめ、効果を見ながら量を調整するのがコツです。

ダポキセチン正しく服用することで、早漏改善への効果は大きくアップします。
ある臨床試験ではダポキセチンの早漏改善率は約75%ともいわれており、早漏に効果的な他の治療薬と比較しても高い有効性を実証しています。
他のSSRIにも射精時間を長くする効果のあるものが多いですが、例えば、セロトニン促進効果の高いSSRIの早漏改善率は16%程度と低く、数あるSSRIの中でもダポキセチンの射精時間遅延に対する有効性が際立っています。

ダポキセチンは継続的な服用で射精時間を安定させることができます。
初回の服用では射精時間1、2倍程度の効果となるものの、その後も数ヶ月、半年と飲み続けることで効果は倍増します。
そして、毎日服用することで長期的な射精時間維持が可能となり、早漏の一時的な改善だけでなく、早漏症そのものを根治する治療効果が期待できます。

ED(勃起不全)は早漏と並んで男性の悩みを代表する症状の一つです。
そして、早漏に悩む男性の30%がEDを合併しており、彼らは早漏とED両方の症状を抱えています。
EDの原因はセロトニン不足に加えて陰茎の硬度が関係していますが、ED治療薬は射精時間の遅延効果が認められたものも多く、ダポキセチンとの併用でさらなる相乗効果が得られます。

ダポキセチンの副作用はどういうものがある?

吐き気のする男性

ダポキセチンは各国の大規模な臨床試験などによって早漏改善への有効性とともに高い安全性が実証されています。
現在世界60カ国以上でダポキセチンは認可されており、医薬成分の認可に厳しいヨーロッパ諸国でも幅広く利用されています。

しかしながら、ダポキセチンはその効果とともに次のような症状を含む副作用も報告されています。

  • 下痢
  • 吐き気
  • 頭痛
  • めまい
  • 眠気
  • 口の渇き

特に、下痢や吐き気の副作用について多く報告されており、下痢・吐き気症状以外にも稀に睡眠障害、疲労感、しびれ、多汗、血圧低下といった副作用が現れるようです。
ただし、副作用といっても軽度な症状であり、下痢・吐き気は他の薬の副作用でもそう珍しくありません。

ダポキセチンによる副作用の発症率は極わずかで、そのほとんどが効果が出ないからといって過剰摂取することで引き起こされる下痢・吐き気などの症状です。
実際、ダポキセチンの服用で命に関わるような副作用は報告されていません。
逆にこれほど世界中で利用されている治療薬に対する副作用報告の少なさ・副作用の度合いから、ダポキセチンの安全性の高さが証明されているといえるでしょう。

副作用に多い下痢・吐き気は、ダポキセチンを服用はじめてすぐの時期に現れることが多く、通常は短期間でこのような下痢・吐き気症状は収まります。
下痢になる原因にはセロトニンの働きが関係しており、ダポキセチンがセロトニンの分泌を促して濃度が上がることでセロトニンの担う腸への働きが活発化し、その結果下痢の症状が現れると考えられています。
もちろん個人差があるため、下痢・吐き気の副作用が出ることは極稀です。
心配であれば初回は少ない量から服用し、様子を見ながら摂取量を調整することをお勧めします。

下痢・吐き気は脱水症状が原因で起こる可能性もあります。
そのため、ダポキセチン服用の前にコップ1、2杯程度の水を飲むなど十分な水分補給をしておくと下痢・吐き気対策に効果的です。
空腹時の服用が原因で胃もたれ・吐き気が起こることもありますが、これも空腹時を避けて服用することでリスクを低くすることができます。
ダポキセチンは空腹時・食後を問わずいつでも服用でき、効果に変わりはありません。

ダポキセチンの有効成分を安全かつ効果的に得るためには正しい服用が必須です。
ダポキセチンの一回の摂取量目安は30mgとされており、一日に1~2回を限度に服用します。
一錠あたりのダポキセチン含有量が60mgであれば半分にカットして服用します。
一日の最大摂取量は60mgで、これを越えなければ複数回に分けて服用しても問題ありません。

摂取量で覚えておきたいのは、一日の最大摂取量を越えないという点です。
射精時間の延長効果が出ないからといって過剰摂取すると、下痢・吐き気などの副作用リスクが高まります。
特に、最大摂取量の60mgを服用した後は、次の服用までに24時間以上の間隔をあけることをお勧めします。
服用後に十分な間隔をもうけることで、下痢・吐き気などの副作用リスクを最小限に抑えられます。

元々うつ病治療に使われてきたSSRIの一種であるダポキセチンには、抗うつ薬としての副作用もあります。
従来の抗うつ薬と比較してSSRIは副作用が少ないとされていますが、それでもSSRIの服用による下痢・吐き気などの副作用はよく知られており、主に飲み始めの時期に、吐き気、下痢、めまい、頭痛、眠気、口の渇きといった副作用が現れることがあります。
これまで抗うつ薬として広く使われていたダポキセチン服用によって、SSRI特有の下痢・吐き気をはじめとした副作用が出る可能性があるのは当然です。

早漏治療薬としてのダポキセチン、抗うつ薬としてのダポキセチン、治療目的を問わず下痢・吐き気などの副作用リスクは回避できませんが、正しい服用で副作用が出る可能性は極めて低く、摂取過剰に十分気を付けることでリスクはさらに低くなります。
万が一、ダポキセチン服用後に下痢・吐き気が現れた場合も、ダポキセチンをしばらく飲み続けることで下痢・吐き気症状はすぐに収まります。

服用方法にも注意

気を付けたいダポキセチンの服用方法に、アルコールや他の治療薬との併用が挙げられます。
ダポキセチンの服用では、お酒と併用することでアルコールの副作用が強まる傾向にあり、服用後の飲酒は危険です。
下痢・吐き気などダポキセチンの副作用に加えて、眠気、めまい、失神等のアルコールが引き起こす副作用リスクが高まります。
ダポキセチンの使用中はもちろん、服用期間中はできるだけお酒を控えることが大切です。

アルコールとの併用以上に注意したいのが、抗うつ薬や他のSSRIとの併用です。
ダポキセチンは他のSSRIとは併用ができず、複数のSSRIを服用することでそれぞれのSSRIがもつ副作用リスクが高まります。
他のSSRI以外にも、睡眠薬や鎮痛薬、抗真菌薬、抗生物質といった薬を服用している人は、併用の際に服用からの間隔に気を付ける必要があります。
これらの薬を服用している人、心臓・肝臓・腎臓に疾患があり治療を受けている人は、安易な判断は避け、ダポキセチン服用前に必ず医療機関で相談するようにしましょう。

ダポキセチンの購入先を正しく選ぶことも重要です。
欧米では医薬品として認可が進み、広く利用されているダポキセチンですが、国内では未認可のため薬局などで購入することができず購入先が限られています。
そのため、海外からインターネット通販や個人輸入で入手する人も少なくないようですが、海外サイトの中には偽物や偽造品が多く、個人輸入には偽物を購入するリスクに加えて下痢・吐き気だけでは済まない危険な副作用リスクが潜んでいます。
信頼できる医療機関や早漏治療専門サイトを選び、より安全にダポキセチンを利用することをお勧めします。