こっそり使える早漏防止コンドームについて

早漏は身体に影響のあるような疾患ではありません。
相対的に射精までの時間が短いという症状です。
早漏と言っても時間の定義はないため本当に該当するのかは定かではありません。
男性がパートナーに対して劣勢感を抱くことが大きな影響と言えます。

そのためパートナーに知られたくないと思う人が多くいます。
その劣勢感が働いてさらに早くなることもあります。
場合によってはオーラルセックスで射精に至ることもあります。

パートナーを満足させられない経験は余計なストレスとなり症状を悪化させることも考えられます。
このような心因性の症状は、経験やパートナーの理解によって改善する場合もあります。
実際に問題となるのは刺激に対する耐性の弱さに起因する場合です。

早漏は刺激が強すぎることでオーガズムを感じやすく、射精に至る時間が極端に短くなるケースが大きな割合を占めます。
特に包茎などにより普段接触をすることのない亀頭のカリの部分が、擦れることで刺激されてしまうことが大きな原因になります。
オーラルセックスの場合もその部分を重点的に刺激されるため感じやすい状態になります。
陰茎の中でも感受性の高い部分なので、そこを鈍化させることが改善策につながります。

主な改善策としては、トレーニングによるカリ部の強化です。
刺激に対して慣れることで感覚を鈍化させて長い時間でも耐えられるようにするものです。
自慰の時、射精に至る直前で止めて我慢することを繰り返すことでコントロールできるようにします。
満足のいくレベルまでにはかなりの時間を要します。
実際の状況に近づけるためにパートナーに協力してもらってオーラルセックスでトレーニングすることも効果的です。

このような方法では、パートナーとの性交で問題なく済ませられるかはその時の状況次第ということになります。
確実に、パートナーに気がつかれないように改善するためにはベンゾカインなどの局所麻酔をカリ部に塗布する方法があります。
特にベンゾカインが付いているコンドームを使用すると自然で便利です。

ベンゾカインが塗布されてるコンドームの使用上の注意

早漏を防止するために使われるベンゾカイン付きのコンドームは大変便利な道具です。
装着するだけで、パートナーに気がつかれることなく麻酔を塗布することができるので安心です。
避妊目的でコンドームを装着することはパートナーも同意してくれるはずです。
麻酔の効果で刺激に耐えられるようになるため早漏を隠すことができます。

ベンゾカインは効果のある麻酔薬です。
つけるだけで感覚をかなり鈍化させることができます。
ただし使い方を注意しないと大変なことになる恐れがあります。
まずは誤装着です。
向きを間違えて装着することでパートナーの感覚が麻痺してしまいます。
それでは状況的にかなり不利になります。
装着時にはしっかりと向きを確認する必要があります。

またオーラルセックスの時には装着できないこともデメリットです。
装着しない限り効果はありませんのでオーラルセックスで射精に至ってしまっては意味がありません。
どうにか回避する方法を考える必要があります。

ベンゾカインの麻酔効果が現れるのは塗布後5分から10分程度経ってからです。
そのためコンドームを装着してからしばらくは挿入を避ける必要があります。
愛撫などによって時間を稼いでから挿入しなければ意味がなくなる恐れがあります。

また、コンドームを外した後すぐにオーラルセックスをすると口が麻痺したような状態になります。
一度射精まで至ったら洗い流して陰茎に残っている分を除去する必要があります。
また、効果はしばらく持続するので続けてベンゾカイン付きのコンドームを利用する必要はありません。
2回目は普通のコンドームでも問題ないはずです。
感覚の有無を確認して使用するコンドームを選択しましょう。