早漏の原因は包茎にあった!?

早漏の原因には、精神的な要因と肉体的な要因が考えられます。
精神的な要因は、慣れや男性の気持ちの持ち方である程度は克服可能です。
問題なのは肉体的な要因で大きな原因の一つに包茎があります。
包茎は外科的手術を行わないと改善する事はないですが、病気ではないためデメリットも無いように感じて手術を行わない人が沢山いるという特徴があります。
しかし包茎の人は早漏が多いのが事実であります。
その原因について説明していきます。

まず包茎は日本人の7割が当てはまるという統計があります。
何種類かありますが早漏に影響を与えるのは仮性包茎になります。
仮性包茎とは、普段は包皮が亀頭を覆っている状態ですが勃起すると包皮が剥けて亀頭が露出します。
剥けた包皮は亀頭の根本に引っ掛かる状態で弛んだ感じになります。
包茎の人の8割が仮性だといわれています。

仮性包茎が早漏になる一番の理由は亀頭への刺激に慣れていないためです。
仮性の場合、普段亀頭は包皮に包まれています。
そのため刺激を受けるのも包皮越しで刺激も薄くなり、もちろん包皮があるので亀頭への直接的刺激は皆無に等しい特徴があります。

しかし、勃起すると包皮は剥けて亀頭が露出して性行為をする事になります。
普段慣れていない膣の圧力や刺激に亀頭は敏感に反応して、結果射精までの時間も早くなってしまいます。
もう一つの理由に勃起時に剥けた包皮にも問題があります。

剥けた包皮は亀頭の根っこの部分に弛んだ感じになっています。
性行為の際にこの弛んだ包皮が上下運動と一緒に上下します。
慣れていない膣の刺激だけでなく包皮でも亀頭を刺激することになります。
刺激に慣れていない亀頭にこの膣刺激と包皮刺激は強烈でおのずと射精時間も早くなってしまいます。

デメリットがないと思われている包茎ですが、パートナーとの性行為で早漏が原因でパートナーが満足出来ないという大きなデメリットがあるのが理解する事が出来たと思います。

包茎治療をしないデメリットとは?

包茎は早漏になるというデメリットを述べましたが早漏以外にもデメリットはあります。
包茎は亀頭が包皮に包まれているため垢や汚れが包皮の中に溜まりやすいです。

垢などが溜まると陰茎から強烈な腐臭を放ち、トイレでパンツを下ろした時や性行為の時に腐臭で恥ずかしい思いもする事があります。
他にもおしっこの時に包皮に尿が引っ掛かったり、包皮内に尿が残ってしまい尿切れが悪くなります。
その結果パンツやズボンに尿が染み込んでしまい悪臭の原因になります。

デメリットが多い包茎ですが、その治療方法は手術になります。
手術方法は、余分な包皮を切除してしまう方法や包皮を切開して短く纏める方法とその症状によって手術方法が変わってきます。
これは、病院に受診して診てもらわないとどのような手術方法になるかは分かりません。

しかし手術による治療は入院などを考えると職場の目や世間を目を気にしてなかなか踏み出せないと考える人も多いはずです。
そんな方でも安心して包茎手術は行えます。
手術の特徴として局部麻酔を使用して短時間の手術がほとんどで手術日に家に帰る事も可能です。

このようなデメリットを考えて手術するか検討するといいと思いますが、真性包茎、カントン包茎の人は必ず手術を行った方が良いです。
この2種類は、普段包皮が亀頭を覆っている特徴は仮性の時と同じですが勃起時に違いがあります。
真性では包皮の先端の口が極端に狭く勃起時にも亀頭が露出することなく手を使っても包皮を剥く事ができない症状です。
病気になるリスクがあり治療する必要があります。

カントンは、包皮の口が狭いあるいは包皮の口より亀頭が大きすぎて勃起しても自然に亀頭が露出することはないが手を使って包皮を剥くことは出来るが痛みを伴い、包皮が戻らない症状です。
包皮が裂けてしまうこともあり治療が必要になります。