早漏の原因は間違ったオナニーにある?

早漏になってしまう原因としては、間違った自慰の方法をしていることで引き起こされてしまう場合もあります。
原因となる間違った自慰の方法としては、早抜き、皮オナニー、などが挙げられます。
間違った自慰で早漏が引き起こされる理由を紹介していくので、そちらも覚えておいたほうが良いでしょう。

早抜きをされている方も多く、誰かと同居されているという方は、自慰を見られないためになるべく早く抜こうとしますが、こちらは癖となってしまい、勃起をすると早く抜かなければいけないと脳が判断してしまうようになってしまいます。
早抜きを続けていることによって、実際の性行為でも早く出てしまい、性行為の時間が極端に短くなってしまいます。
早抜きをしないためにも、ゆっくりと自慰をすることができる時間帯を見つけて、そちらの時間帯を中心に自慰を行ったほうが良いでしょう。

次に皮オナニーとなり、皮オナニーとは亀頭に皮を被せたまま自慰を行う方法になります。
普通の自慰よりも皮オナニーのほうが感度が高く、刺激も強い自慰の方法となりますが、皮オナニーばかりを行うことで亀頭自体を鍛えることができなくなってしまい、早漏の原因に繋がってしまいます。
包茎の方が皮オナニーを行う方が多いですが、皮オナニーを続けていくことで包茎も治らなくなってしまう場合もあるので、包茎を改善したいという方も皮オナニーをするのは止めたほうが良いでしょう。

早抜きや皮オナニーの他にも原因として、妄想で行う自慰も早漏になってしまいやすくなります。
妄想で自慰を行うのは本やDVDの費用も掛からずに安上がりとなりますが、脳内で作り上げた女性の裸に慣れてしまうことで、実際に女性の裸を見たときに緊張しやすくなってしまいます。
緊張してしまうと十分に勃起することがでなくなり、十分に勃起していない状態でもすぐに射精してしまいやすくなります。
十分に勃起できないことで女性を喜ばすこともできなくなってしまうので、妄想で自慰を行っている方はこちらも止めたほうが良いと言われています。

早漏を改善する正しいオナニー方法は?

早漏を改善するためには、間違った自慰を行わず、正しい自慰を行うようにしてきます。
まずは原因として早抜きが挙げられますが、こちらを改善するためには誰もいない時間帯を見つけていくことになります。
もしくは、部屋に鍵をかけていない場合は鍵をかけるようにするなどの工夫をしていくようにしましょう。

皮オナニーも原因となり、早漏改善のためには皮を剥いて自慰を行っていくようにしましょう。
勃起した状態で皮を剥くことができない真性包茎の方もいますが、亀頭を中心に刺激するのではなく、竿の部分をしごいて刺激していくようにしていきます。

早漏改善のための自慰ですが、ポイントとしてはまずリラックスをしてから行っていくようにします。
体の一部に力が入って自慰を行っているという方も多いですが、そちらも早抜きと同様に癖となってしまう可能性があるため、そちらも注意して自慰を行うようにしましょう。
床や物に男性器を押し付けて自慰をする方もいますが、こちらも行わないようにしていきます。

力を入れすぎという方もいるので、力加減も気を付けるポイントとなります。
力加減としては、女性の膣以上の刺激を加えない加減となります。
性行為をしたことがあるという方は、性行為をした時以上の力を男性器に加えないようにします。
性行為をしたことがないという方は、普段よりも少し弱めに自慰を行うようにして低刺激を意識されると良いかと思います。

または、オナホールと呼ばれる商品も販売されているのでそちらを試してみるというのも良いでしょう。
オナホールの種類はたくさんあり、女性の膣の感覚に近い商品も販売されているため、そちらを購入して自慰を行うことで実際の性行為に近い感覚を身につけることができます。