早漏防止に使うクリームがあります

男性の性への悩みとして、早漏があります。
早漏は男性の自信を失うだけでなく、パートナーの満足感にも関連しますので、できる事なら治療して改善したと思うものです。
早漏の治療には様々な方法がありますが、その一つとして早漏防止クリームというものがあります。
早漏防止クリームとは、ペニスに塗布するだけで、挿入時間や射精までの時間を長持ちさせる効果が期待できます。

早漏防止クリームとは、防止スプレーと同じで局所麻酔剤であるリドカインやテストステロンを含んだ防止グッズです。
ペニスに塗布する事で、感度が下がり、刺激に強くなることによって、挿入時間や射精までの時間を延長させます。
この防止クリームは手軽に手に入れる事ができ、更に即効性のある対策方法です。

日本のメーカーが生産しているクリームで有名なものはトノスやフェミニーナ軟膏が有名です。
トノスやフェミニーナ軟膏の使い方としては、まずトノスやフェミニーナ軟膏を適量手に取り、亀頭の根元や裏筋などの敏感な部分に塗布します。
10分から15分でトノスやフェミニーナ軟膏の成分が浸透していきますので、徐々に麻酔効果が効いてきます。
そこで石鹸やボディーソープなどを使用して丁寧に洗い流します。

ここで重要なのがしっかりと洗い流す事です。
洗い流すと効果がないのではないかと思うかもしれませんが、トノスやフェミニーナ軟膏の成分は10分から15分で浸透しますので、麻酔効果は洗い流しても持続します。
逆に洗い流さずに性行為をすると女性の口や膣に薬が付着し、ヒリヒリしたり、痺れたりしますのでしっかりと洗い流さなければなりません。

塗布量に関しては個人差がありますので、その程度の麻酔効果を得たいか等によって自分で適量を何度か試して探しましょう。
早漏防止クリームの効果やメリットとしては、ある程度の持続性が見込め、塗布するだけの手軽さがあり、持ち運びが可能で、塗布量によって効き目の調整ができる事にあります。

早漏防止クリームを使い続けると薬剤性EDの危険がある

早漏防止クリームは即効性などの効果があり、メリットが多いように思うかもしれませんが、当然ながら副作用などのデメリットもあります。
まず、心因性の早漏には効果が薄いです。
身体的な原因ではなくストレスなどが原因である場合は効果が得られない事があります。
次に使い続けると麻酔効果がありすぎて射精できなくなることもあります。

また、トノスやフェミニーナ軟膏の様に市販のクリームは薬剤性EDにもつながります。
薬剤性EDとは、使用している副作用が原因で引き起こされるEDの事です。
薬剤性EDは通常加齢とともに起こるEDとは違い、若い世代でも発症します。
また薬剤性EDと知らず、症状は歳をとったせいだと判断し、治療法を間違えてしまう事によって症状を更に悪化させてしまう事もあります。
単純に、薬剤性EDの場合は使用している薬を使わなければ改善される事もあります。

早漏防止クリームとは、ペニスの神経を麻痺させることによって射精までの時間を延長させるためのグッズです。
その為、過度に使用すると神経が麻痺されすぎて、早漏と対極にありながら男性の性の悩みの一つであるEDを引き起こす事につながります。

早漏防止クリームを使用する際に、根本的な考えとして認識しておかなければならない事は、即効性のあり手軽に実行できる早漏対策ではありますが、あくまでも一時的な射精防止策であるという事です。
更に過度の使用が薬剤性EDにつながる危険性がある事も知っておかなければなりません。
早漏の克服や改善には、根本的な対策が必要です。
早漏防止クリームを使用しながら、一方では周辺箇所の筋肉を鍛えるなど実践的な治療方法も試してみるのも一つの有効な方法です。