早漏防止薬プリリジーの紹介

早漏は病気ではありませんが、それによって健やかなセックスが難しくなるため、多くの男性が辛いと感じています。
自分のペニスなのに、最後の瞬間を上手くコントロール出来ない、これは非常に大きなストレスです。
また早漏だと女性を満足させられず、男性だけが結果的に一人で早々と満足するセックスになりやすく、夫婦不仲の原因やセックスレスの引き金になりやすいです。

更に最後の瞬間を上手くコントロール出来ない早漏体質は、妊娠活動が失敗する原因です。
射精を膣内で迎える前に、ペッティングの最中に毎晩男性が意図しない射精を繰り返せば、大事な精液が子宮に入らず、妊娠活動がまるで捗りません。

早漏は病気ではないものの、夫婦の性生活に大きな打撃を与える体調不良であり、それを改善させてくれるプリリジーと呼ばれる医薬品が、今ではしっかりと用意されています。
プリリジーには男性の脳の行き過ぎた興奮を抑制する効果があります。
早漏の原因は主に脳の過度な興奮とセロトニンの分泌量の不足です。

プリリジーは元々メンタルケアの分野で使われていた抗うつ薬でもあり、落ち着き成分とも呼ばれるセロトニンの分泌量を効果的に促進する働きがあります。
プリリジーをセックスの前に服用しておけば、脳の不安や緊張がお薬の効果で増幅されたセロトニンによって上手く抑制されます。
早漏の男性は元々セロトニンの分泌量が少ない体質である事が多く、いわゆる真面目で神経質な性格をしています。

セロトニンが少ない男性は普段の生活の中でも、良いも悪いも神経質であり、いわゆる気が利く対応や空気が読める行動が自然と取れる一方で、神経の使いすぎで人間関係でストレスを感じやすく、元々の体質に加えて、ストレス由来の早漏にもなりやすいです。

プリリジーの効果を得る事で、ストレス由来の早漏も効果的に抑制する事ができ、安定した勃起力を長期間キープ出来る体質になります。
プリリジーは安全性が高い男性専用の治療薬であり、世界各国で既に多くの男性陣が愛用しています。

プリリジー使用における注意点や副作用について

強制的に射精機能を麻痺させたり、ペニスの感度を低下させる、といった危険な効果は入っていません。
あくまで早漏の原因である過度な興奮をプリリジーは抑えるだけですので、射精の感覚はきちんとセックスを続ける事で得られます。
個人差はありますが、プリリジーの摂取によって普段の3倍から5倍程、射精に至るまでの時間が延長されます。

その後は普通に女性器に精液を出す事が出来ますので、妊娠活動のサポートアイテムとしても活躍するはずです。
プリリジーの飲み方ですが、決められた推奨量をまずは確認しましょう。
一度に大量に摂取しても、効果時間が倍増する、といった効果はありません。

また飲み方を正しく守らないと意図しない副作用が生じますので、必要以上に摂取する事は避け、加えて普通のお薬同様に新鮮な水で胃の中まで流し込みましょう。
途中でプリリジーを噛んだり、お酒等と摂取する飲み方はNGです。

プリリジーの副作用ですが、気分の変化と下痢の2点になります。
いずれも発現する確率は低めですが、副作用を意識した上で飲み方を考えましょう。
プリリジーの効果でセロトニンが増幅すると、悪い意味で落ち着く感覚が増えてしまい、仕事やスポーツへの意欲が低下する恐れがあります。

正しい飲み方は副作用が現れても良いプライベートなタイミングをしっかりと狙う事です。
仕事中やサークル活動中に飲むと、セロトニン増幅の効果が悪く働いてしまうかもしれません。
またもう一つの副作用の下痢も、やはりスポーツ中や外出中に、万が一現れてしまったら大変ですので、可能な限り、プリリジーは自宅やホテルの部屋で飲むようにしましょう。
服用した後は安静な姿勢を保ち、無駄な外出や作業は自重しましょう。